お知らせ内容

(中断)写真の構図を勉強しよう ~日の丸構図~

No image
広告

写真をもっとキレイに

写真をもっと印象的に

写真をもっと楽しめるように

まずは基本の構図から勉強をしていきたいと思います。

基本の構図をマスターして、一歩ずつ写真上達していきましょう

今回は「写真の構図を勉強しよう ~日の丸構図~」編です。

目次
広告

「日の丸構図」とはどんな写真?

【図解】

「日の丸構図」とは、日本の国旗(日の丸)をイメージした構図のことを指します。

メインテーマ(主題)を真ん中に配置して視線を集め、被写体のインパクト感を高めます。

数ある構図の中でもシンプルでわかりやすい反面、
プロの現場では「初心者技法」として敬遠されがちなのが「日の丸構図」

被写体を簡単に配置出来てしまうため、初心者感が出てしまうのが理由のようです。

ただ、インパクトを狙った撮影なら、「日の丸構図」は有効的な撮影方法ですよ。

日の丸構図はシンプルでパワフル。
被写体を大きく配置することで、ダイナミック感もある安定した写真になります。

「日の丸構図」の撮影手順

先にも紹介したように「日の丸構図」とは、被写体をフレームの中央に配置をする撮影方法なので、特別難しい物ではないかと思います。

何も考えずにシャッターを切った場合、かなりの確率でこの日の丸構図になっていることがあります。

どんな時にこの構図で撮影をするのかというと

  • 被写体に注目をさせたい!
  • インパクトのある写真を撮りたい!

という時には、この構図を取り入れてみてはどうでしょうか?

その時に意識したいことは、被写体を強調する必要があるため背景をアッサリさせるということ。

例えば、背景をぼかしたりとか、背景の余白を少なくするとか、ゴチャゴチャしていない背景を使うとか、前ボケを多く取り入れるとか……

気をつけないといけないのは、きちんと考えて撮影をしないと面白みのない写真になってしまうということ

日の丸構図のメリット

  • メインの被写体を中央に配置することで、写真の安定感が増す
  • メインテーマ(主題)がはっきり伝わる
  • メインテーマ(主題)の被写体をより強調できる
  • インパクトある写真に仕上げることもできる
  • メイの被写体に視線を集めやすい 主役がわかりやすい
  • 一番見てほしいものがダイレクトに伝わる

日の丸構図のデメリット

  • 簡単に配置できるため、平凡な写真になりやすい
  • 無意識に撮影をしていると、日の丸構図になってしまう
  • 被写体を中心に置くだけなので、平凡な写真になりがち

同じ被写体の日の丸と三分割を見比べて、インパクトや見やすさを見比べる存在感も

「日の丸構図」を使うシーンや被写体はナニ?

簡単がゆえに難しい日の丸構図ですが、どのようなシーン。どのような被写体におすすめでしょうか?

「鳥・花」

鳥や花は、

ポートレート

風景などは大胆に近づいて大きく撮影し、存在感をアピールさせる
小さい被写体を中心に置いて撮影するときは、手前や奥をしっかりぼかすことが大事
被写体を引き立てるようなシーンでも日の丸構図はOK
文字と違い、写真だと人はまず中央をみようとしてしまうので、主題のみをアピールする場合は日の丸構図は有効
一眼見て主題がはっきりとするインパクトを求められる
中央以外の被写体がごちゃごちゃしている、主題がはっきりしていない、間伸びしている日の丸構図はダメ
主題以外の背景はぼかしたりトリミングする。
野鳥をクローズアップするなどは有効
前ボケを有効活用すれば、奥の被写体を引き立てることができる
ポートレートは全身を収める
顔だけのクローズアップか、全身を収める
背景で場の雰囲気を織り入れることでおしゃれに
縦写真もいいよね
半身になる場合は動きをつけてもらったり、正面を外してもらう。見返り美人が簡単
花や鳥はとにかく背景をボカす
輪郭をくっきりさせることで、存在感とインパクトを与える
食べ物の日の丸構図はやめて
メニュー写真っぽくなる
花や鳥などの自然や風景。観光地や人物ポートレート。シンプルゆえ大胆。何気ない一コマをおしゃれに撮ってみる
日の丸構図は工夫が必要
日の丸構図×三分割法で背景を整理 
日の丸構図×二分割もあり
日の丸は必ずしも中央に来なくてもいい。主題をはっきりとさせれていればOK
空や地面を広く入れることで、背景をすっきり
空(同一色)を広く入れることで、主題がより目立つ
小さな動きよりも、ちょっと大胆な動きがいい
視線を動かさなくてもいいように、シンプルに潔く撮る
視線を迷わせない
上下左右対称に画面いっぱいいっぱいに入れるのもアリだが難しい
被写体を引き立てるようなシーンでも日の丸構図はOK
文字と違い、写真だと人はまず中央をみようとしてしまうので、主題のみをアピールする場合は日の丸構図は有効

「日の丸構図」の注意点とは?初心者構図??

初心者に多く、構図を考えなかったり、無意識に撮ると日の丸構図になることが多い
とても簡単に配置できる反面、日の丸構図は平凡な写真になりやすい
左右上下に無駄なスペースが多くできるため、インパクトがなくなってしまう
小さい被写体を中心に置いて撮影するときは、手前や奥をしっかりぼかすことが大事
構図を意識せずに撮っていると、日の丸構図になってしまうことが多い
初心者が無意識に撮影していても日の丸構図になる
被写体を中心に置くだけなので、平凡な写真になりがち
素人感丸出し
主題をはっきりさせないとダメ
主題をはっきりさせるためにもでっかくドン。主題が小さすぎるとダメ
迫力を出す構図なので、極力ドアップで
中央以外の被写体がごちゃごちゃしている、主題がはっきりしていない、間伸びしている日の丸構図はダメ
主題以外の背景はぼかしたりトリミングする。
前ボケを有効活用すれば、奥の被写体を引き立てることができる
食べ物の日の丸構図はやめて
メニュー写真っぽくなる
プロの間で、日の丸構図がなぜダメなのか
写真を見たときに視線が動かない分(被写体が中央にしかないため)、無駄の多い写真となってしまうことが多い
素人っぽい、カメラ初心者っぽい
簡単な構図なので「日の丸構図=初心者」とイメージされがち
誰でも取れる構図だから見飽きている構図と思われがち
日の丸構図は平凡でありきたりで面白くない構図。と思われることが多い
真ん中に被写体を持ってくるのはダサい
人物ポートレートを単に撮ると、きねんしゃしんいなってます
が、まずは日の丸から勉強するのがプロ?? 
立派な構図の一つ

「日の丸構図」のまとめ

日の丸構図は簡単がゆえ、奥が深い構図なのかも
メインの被写体自体のインパクトも必要
日の丸構図はシンプルでパワフル
日の丸構図はカメラ初心者の撮影練習として人気。カメラに慣れるまでは日の丸構図でいけ
花や鳥などの自然や風景。観光地や人物ポートレート。シンプルゆえ大胆。何気ない一コマをおしゃれに撮ってみる

 

No image

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次