イカ釣り初心者が送る、最初に揃えたエギ5選

広告

みなさんイカ釣れてますか?

波止場などからイカを釣るためのルアー(エギ)は、種類・重さ・色の違うタイプが、いろいろなメーカーから発売されています。

それだけ多くの種類があるので、どのエギを買えばいいのかエギング初心者の悩みどころではないでしょうか?

今回は、みなさんと同じイカ釣り初心者の僕が選んだ「初めに買い揃えたエギカラー5選」をお送りします。

エギの購入時やイカ釣り時の、カラーチョイにお役に立てれば幸いです。

イカをたくさん釣るためには、エギのカラー選択よりもポイント選びや技術を磨くなどが大事です。
ただし全く関係ないわけではありません。天気や潮の色に合わせて、楽しんでチョイスしていきましょう。
広告

イカの世界はモノクロ世界

イカを釣る上でのカラー選びは大事な作業ですが、イカは色を識別する「色覚」という感覚はないそうです。

なので「赤色」とか「緑色」という色を識別することはできず「白黒(モノクロ)」の世界で生活しています。

モノクロでしかモノが見えないイカの視力は悪いのか?と言うとそうでもなく、
体の割に大きな目玉は、人間に例えるとバスケットボールと同じ大きさになります。

色の判別はできませんが白黒の濃淡を感じ取る能力は高く、色の鮮やかさを判断する能力は高いそうです。

イカの世界はモノクロ

エギの色ってどうなってるの?

本題のエギのカラーについて

僕はエギ王信者なので、YAMASHITAさんから出ているこのエギでご紹介していきます。

エギの表面は布で覆われており、布の下にボディーが隠れてます。

この、布の背中の色とボディのカラー(テープカラーとも言う)の組み合わせで釣果が変わってきます。

では、どうやって色を選ぶのか?

というと、

光の量や潮の色、イカの活性度ぐあいで決めていきます。

ボディカラーの選び方

エギ王だけでも13種類のボディカラーがありますが、一般的には光量(晴れているのか曇っているのか)で選びます。

スクリーンショット 2022 06 10 10 17 54

出典:YAMASHITA

太陽が登り始めて明るくなり始める時(朝マヅメ)はピンクテープやオレンジテープ・ケイムラボディ

Mainart

明るくなったら金テープ

Mainart 3

お昼過ぎのピーカン照になる頃には銀テープ・クリアボディ
Mainart 2

お昼も過ぎて落ち着いた頃には金テープ

Mainart 3

夕方近く(夕マヅメ)になればピンクテープやオレンジテープ・ケイムラボディ

Mainart 6

夜になれば赤テープや紫テープ・夜行ボディ

Mainart 4

いろいろな色が混じっていて万能タイプな虹テープ

Mainart 7

曇りであれば銀テープとかは使わず、紫外線で発光するケイムラボディやピンク・オレンジを多く使っていく感じでしょうか。

このような感じで釣る時間帯や天気・光の量でボディカラーをチョイス・使い分けをしていきます。

背色の選び方

イカの活性度(好奇心が旺盛なのか、警戒心が強いのか)でも替えるようですが、初めのうちは分かりにくいですよね。

なので背中の色は、潮の色(澄んでいるのか濁っているのか)で変えていきます。

潮が澄んでいるなら地味目な色(グリーンやブルーといったナチュラル系)で、周りに違和感を与えないように。

潮が濁っているなら派手目な色(ピンクやオレンジなどのカラフル系)で、猛アピール。

エギング初心者が選んだ、エギカラー5選

ブルーポーション (ケイムラボディ×クリアブルー【ラメ布】)

「エギ王K 3.5号 007 ブルーポーション SUPER SHALLOW(沈下速度 8秒/m)」

ケイムラボディは朝・夕マヅメ、深場、曇り空など、光量の少ないタイミングで活躍する使い勝手のいいエギです。

背色はクリアブルーなので、潮の色が澄んでいる時に使います。

沈下速度が8秒/mと遅いので、弱りきった餌に扮して、警戒心のあるイカ対策に使います。
または遅い沈下速度を利用して、海面近くまでシャクったりにも使います。

欠点としては、風が強いと潮に流されて沈みにくい。といった点でしょうか。

釣り用アイキャッチ 4 01

画像はBASICタイプ

閃光アジ (金テープ×アジカラー【ナチュラル布】)

「エギ王 LIVE サーチ 3.0号 011 閃光アジ BASIC(沈下速度 3.3秒/m)」

日が登ってからの日中に強い金テープ

本物に近い布カラーの閃光アジは、ちょっと地味目なナチュラル色。

ブルーポーションとの使い分けとしては、日中の濁り潮の時に使用。

ちょっと元気に動いてもらって、音・光・動きで近くに誘い込んでもらいたいですね。

そういった意味ではパイロットルアー(第一投目に使う名誉あるエギ)に使えるのかな?日中用だけど。

釣り用アイキャッチ 4 03

ピンクマーブル (虹テープ×ピンク【ベーシック布】)

「エギ王 LIVE 3.0号 029 ピンクマーブル BASIC(沈下速度 3.5秒/m)」

さまざまな色が混じった虹テープは、ブルーポーション(ケイムラボディ)と違うパターンのオールラウンドカラー。

濁り潮でも目立つピンク布を選んでみました。

ピンクカラーは人気も高いので、活躍を期待します!!

釣り用アイキャッチ 4 05

マッディキング (ネオブラグリーン×紫・緑【ラメ布】)

「エギ王K ネオンブライト 3.5号 072 マッディキング BASIC(沈下速度 3.0秒/m)」

とあるyoutubeでベタ褒めしていたすごいエギ。釣果が期待できるエギのはず!!!

疲れたらネオブラ。飽きたらネオブラです。

青系布のピーカンブルーと迷いましたが、ブルーポーションに似ているという理由から、今回は不採用。

653 02

パープルシャドウ (紫テープ×紫【ラメ布】)

「エギ王K 3.0号 008 パープルシャドウ SHALLOW(沈下速度 6秒/m)」

紫テープは赤テープほどではないですが、シルエットを強調する特徴があります。

ただ、シルエットで釣るのは夜のイメージ。

なので今回は、ちょっと万能寄りの紫テープをチョイスしました。

Color08

画像はBASICタイプ

さいごに

HEIHOから出ているエギストッカー「VW-ES2052」を持っているので、最低10本は持っていきます。

いきなり10本買うよりもまずは5本程度購入して、実際に釣りをしながらチョイチョイ買い足すのが楽しいのかなと感じました。

2052dakto

モグッテみる?