お知らせ内容

CITTA手帳 2023 開封の儀

No image
広告

2023年度に使用する手帳が

決まったあなたも
決まっていないあなたも

こんばんは。

2022年も9月になり、2023年度の手帳シーズンがやってきます。

みなさんは、来年使う手帳の目星はついていますか?

ほぼ日手帳、ジブン手帳、システム手帳など、
専用コーナーに行くと何十種類と手帳が並んで、どれにするか迷いますよね?

今回は、女性が使っていそうな手帳第一位(身勝手予想)のCITTA手帳を初めて買ったので、
何がそんなに良いのか考えたいと思います。

この記事では、citta手帳 2023年版の内容や、僕だったらどのように使うのかを合わせてご紹介します。CITTA手帳はどんな使い方ができるのかの参考にしてください。
目次
広告

2023年度 CITTA手帳の仕様

ラインナップ

CITTA手帳 A5サイズ

・大きさ:幅15.5cm × 高21.5cm × 厚1.4cm
・重さ:340g

カラー
・ピュアホワイト 3,960円(税込)
・ルージュレッド 3,960円(税込)
・インディゴネイビー 3,960円(税込)
・マーベラスピンク 3,960円(税込)
・10周年記念 パールホワイト 3,960円(税込)
・英語版 シーブルー 3,960円(税込)
・本体のみ 3,410円(税込)

CITTA手帳 B6サイズ

・大きさ:幅13.4cm × 高18.8cm × 厚1.4cm
・重さ:275g

カラー
・ピュアホワイト 3,410円(税込)
・ルージュレッド 3,410円(税込)
・インディゴネイビー 3,410円(税込)
・マーベラスピンク 3,410円(税込)

CITTA手帳2023年版のレイアウト

・年間表:1年見開き(2023年1月〜2025年12月)
・プロジェクトページ:2ヶ月見開き(2022年10月〜2024年3月)
・マンスリー:2ヶ月見開き ブロック式(2022年10月〜2024年3月)
・ウィクリー:1週間見開き バーチカルタイプ 月曜始まり 右側に方眼スペース
・午前4時〜24時間 (2022年9月26日〜2023年12月31日)
・ワクワクリスト
・方眼ページ
・一粒万倍日、天赦日、満月、新月、国民の祝日 記載
・六曜付き(マイプロジェクトページ・マンスリーのみ) ☆A5のみ
・手帳の使い方説明書付き ☆A5のみ
A5サイズとB6サイズとではレイアウトが若干違うので、気をつけてくださいね。

CITTA手帳の特徴や、他の手帳との違い

夢を予約するための「ワクワクリスト」

「未来を予約する手帳」として人気のCITTA手帳ですが、最大の特徴は「ワクワクリスト」です。

見開き2ページに54個のやりたいことを記入するページが、12ヶ月ぶん(648個分)配置されてます。

「そんなにワクワクする事ないよ!!」という人も多いと思いますが、
TVで紹介されたあのお店にいってみたいな〜   とか
ラジオで放送されたあの曲もういっかいききたいな〜   とか
自分をワクワクさせてくれそうな出来事って、けっこう多いんですよね。

できる・できない は関係なく、想像したらワクワクするものをまずは書いてみましょう。

「ワクワクリスト」を落とし込むためのレイアウト

ほかの手帳との大きな違いは、マンスリー、ウィクリー、ワクワクリストの並びでは無いでしょうか?

一般的な手帳は、12ヶ月分のマンスリーの後に、52週分のウィクリーがあり、ワクワクリスト(やりたいこと100リストなど)となってます。

CITTA手帳は、2ヶ月見開きマンスリーの後、ワクワクリスト→1ヶ月ウィクリー→ワクワクリスト→1ヶ月ウィクリー。というレイアウト

来年・再来年・明明後年の3年年表

来年の年表がついてる手帳はよくありますが、
再来年(2年後)・明明後年(3年後)の年表がつく手帳って珍しい……

日程は決まっていないけど、2年後の何月には……
みたいな日程が決まっていないワクワクリストを、仮で置いていくには十分ではないかな?

citta手帳2023年版 実際に予定を書いていこう

予定を書いていく前に、製本テープを使って破れやすい場所を補強します。
長く使うためのコツですね。

手帳を埋めていく順番としては、
①ワクワクリスト → ②マンスリー → ③ウィクリー
の順に記入すると良いと思います。

ワクワクリスト

このワクワクリストが全ての原動力です。
自分が「やりたい!」と思うこと全部書き出してみましょう。プライベートなこと、仕事のこと、家庭のこと、健康のこと、なんだっていいのです。
旅行に行く、髪を切りに行く、ネイルをする、といったワクワクから ◯◯の資格を取る ◯◯歳までに独立をする ◯年後に家を買う など大きなことまで。出来るか出来ないかの判断ではなく、思いついたこと何でも書いていいのです。
「今、そう思っている。」ということを自分で知るということが大事。 ここから行動力に移すために必ず「いつ?」の欄に日付をいれましょう。一気にできない長期的な目標に対しては、このリストを達成するために「今日何をすべきか?」を考えてウィークリーに埋めて考えていくのです。
出典:citta手帳

・年齢や性別といった制限をかけない
・少しでも、ワクワクする(心が躍る)ものは記載する
・些細なこと(散髪・買い物系)も、ワクワクするものは記載する
・期日が定まらない予定は、末行から書く
・翌月・翌々月に行う予定なら、該当月にも記載する
・期日は決めれるものは必ず書く

左上から書き進めているのは、期日をみこして行動できそうな予定。

右下にあるのが、期日を決めていない予定です。なかなか期日が決まらないようなら、別手帳の「死ぬまでに行いたい100リスト」に一旦ストック

マンスリー

見通し感を持つために2ヶ月見渡せるマンスリーにしてあります。ここには時間を書かないようにしましょう。
書いてしまうと後ろの時間軸を全く使わなくなってしまいます。
マンスリーにはイレギュラーなイベントのみを書くようにして、大まかな予定だけを書きます。細かいことは全てウィークリーに記入して時間を捉えるようにしていきます。
出典:citta手帳

・仕事が休みの日は赤いシール
・2週間に1度は、休息日(ノープランデー)を入れる。
・休息日は青マーカーで縁取り
・家族との予定は緑色のペンで記載
・ワクワクすることは赤色のペンで記載

予定の日付が決まっていない時は、付箋に貼って管理

ウィクリー

ここが一番使って欲しいページ。ウィークリーは24時間バーチカルの時間軸。自分の一週間の時間の過ごし方を一発で把握できるのがいいところです。
毎朝、「本当は何時に起きたい」というのがあれば手帳に起床時間を毎朝書いてしまいましょう。
習慣にしたいけど出来ないことを書き込むといいのです。習慣になればもう書く必要はないので、習慣になるまで手帳にお尻を叩いてもらいましょう。迷っても「書いちゃったしな」と重いお尻をあげるいいきっかけです。
例えば、他にも断捨離や読書ランニング、、、「やろう、やろう。」と思いつつも後回しになった出来事を自分の予定として隙間時間に組み入れてしまいましょう。
出典:citta手帳

就寝時間などは、マーカーだけで手抜きをする

プロジェクトシート

ここは自分の目標を2ヶ月で見渡したいときにピッタリです。 取りたい資格の試験日から逆算して勉強の計画を書くのもいいです。 毎日つけるダイエットの体重管理にも適しています。 お子様がいらっしゃる方は子供の予定を書くのもありです。
出典:citta手帳

年表

年表のカレンダーは、3年分ついています。
3年ついているので、来年、再来年、明明後年の連休の並びが一発で分かります。
このカレンダーの使い方は、
1.理想の年間カレンダーを作る
2.パートナーや子どもの予定を書き出す
3.あらかじめの休みの予定を入れる
など様々です。
全体が見通せるので、家族で念願のハワイ旅行に行くのも計画できます。
ワクワクする予定を今から書き込むのがとても楽しいですね。
出典:citta手帳

No image

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次