Apple好きだけど、iCloudとNASの間で揺れている

広告

iCloudの使用を続けるか。
NASに切り替えるか。

些細な問題の様に思えますが、僕の中ではかなり大きな問題です。

結論から言って、僕はiCloudを使うことで落ち着きました。

今回はその結論に到った経緯を記載します。

目次

広告

iCloudって何?

「iCloud」とは、Apple社が提供しているクラウドサービスです。
iPhoneやMAC、iPadなどを持っているおり、Apple ID を取得すれば、基本無料で使えます。
このクラウドに写真や書類を保存することで、同じApple IDでログインしている端末であれば、全てのディバイス上で閲覧・更新・反映することができます。

iCloudのメリット・デメリット

メリット

バックアップ

スマホで撮った写真や、ダウンロードした音楽、仕事で使う資料。コレらをどこで保存していますか?
普通は、PCの内蔵HDDや外付けのHDDに直接保存をしていると思います。
ではもし、そのPCや外付けHDDが壊れた時はどうでしょう?
PCメーカーに電話してワポートを受けたり。
近くの店舗に持ち込んで相談したり。
最悪、データ復旧を諦めていませんか?
クラウドサービスに保存することで、そういったリスクを回避することができます。
大事なデータは、壊れたPC・携帯にではなく、クラウドに保存されているからです。
同じApple IDでログインすれば、今までと同じ作業環境で新しいディバイスで作業ができます。
Mac・iPhoneなどは、定期的にバックアップを取っておきましょう。

データ共有

PCで入力した予定を携帯で確認する。
タブレットで行っていた作業の続きを、PCで行う。
これらは、データがクラウドに保存されているから行えることです。
クラウドに保存されたデータを共有することで、いつでもどこでもどれでも作業ができます。

iCloudフォトライブラリでの写真・動画の管理

iCloudフォトライブラリを使えば、撮影した写真を自動でiCloudへ保存できます。
さらに、「macストレージを最適化」にチェックを入れておけば、macのストレージが少なくなった時に圧縮されたバージョンに自動的に置き換わります。フル解像度へのアクセスも、iCloudからいつでもダウンロード可能

デメリット

Appleディバイスでしか使えない

iCloudを使用するためにはApple IDが必要です。
逆をいえば、Apple IDがあれば、誰でもiCloudを使えます。たとえWindowsでも。
ただ、数年前にsurface3を購入しiCloudを使いましたが、まぁ使いにくい。
仕方がないとはいえ、やはりApple用なのかなと思いました。

お金がかかる

iCloudはAapple社のサービスなので、お金が発生します。
5GB 無料
50GBで 130円/月
200GBで 400円/月
2TBで 1,300円/月
毎月払い続けるとなると、かなりの出費になりそうですね。
ただし、200GBと2TBを契約した場合、家族と分け合うことも可能ですから、使い方によってはお得かもしれません。

データ保証は無い

どのクラウドサービスもそうですが、システム上の故障などでCloudのデータが壊れたり消えている可能性もなくはありません。Cloudサービスも完璧では無いのです。それをきちんと理解した上で、使用するしかありません。

iCloudをお勧めする人

iCloudをおすすめる人すれば、間違いなくAppleディバイスをメイン機として使用している人でしょう。
そうじゃない人は、Dropboxなど他のクラウドサービスが良いのではないでしょうか?

スポンサー

NASって何?

NASとは、「Network Attached Storage(ネットワーク アタッチト ステーション)」の略。
LANケーブルで接続することで、複数台のPCからアクセスが可能となります。

NASのメリット・デメリット

じつはここ、iCloudとあまり変わらないんですよね。
ファイルのバックアップや共有・データ保存もできます。

メリット

長い目で見ると、クラウドサービスよりも安い場合がある

例えば、僕は現在2TBのiCloudを契約しているので、1年間で15600円の出費です。
対してNASであれば、
・Western Digital red 2TB 9,879円
・Synology DiskStation DS119j 12,818円
と合計22,818円で購入できます。
仮に6年(HDDは3年ごとに買い替え)使ったとして
・iCloud 93,600円
・NAS 32,576円
と、大きな差が出ます。

OSに関係なく出し入れができる

NAS自体は、AppleやMicrosoftのサービスではありません。
ドロップボックスと同じ様に、WindowsでもmacでもAndroidでもアクセスできます。

容量・保存方法などが選べる

NASは基本、ケースと内蔵HDDで構成されてますので、1TBだろうが6TBだろうが「最大内部生容量」の範囲内で組み替えることができます。
また、2ベイ(HDD2枚挿)であれば、ちょっと特殊な使い方だってできます。

デメリット

初期費用が高い

クラウドサービスはボタン一つで使い始めることができますが、NASはケースやHDDが必要です。
先ほど紹介した内容だと、始めに32,576円が必要となりますので、まとまったお金が必要となります。

壊れた時などは、買い替えが必要

内蔵HDDはパーツです。
1ヶ月で壊れる時もあれば、7年使用できることだってあります。
ただ、一般的には3年前後が寿命と言われているので、定期的に買い替えてあげる必要が出てきます。

設定がちょっとややこしい

内蔵HDDをケースにセットしたあと、PCを使ってセットアップの必要があります。
難しい設定ではありませんが、PCに慣れていない人などは難しいと感じる部分もあるかもしれない。
また、トラブルが起きた時もある程度自分で対応できる知識も必要です。

物理的なスペースが必要

せっかく買ったケースをどこに置くか?
基本的に無線LANに接続する人が多いのでしょうから、その近くに置けるスペースが必要となるわけです。

NASをお勧めする人

iCloudのような利便性よりも、安く運用をしたい人はNASを検討してはいかがでしょうか?

僕が実際使うとして……

僕は今、
・Mac Mini
・Mac Book Pro
・iPhone
・iPad Pro
を所有しており、iCloud 2TBを契約してます。

NASを運用するとすれば、
・Western Digital red 3TB ×2 23,192円
・Synology DiskStation DS218(Valueシリーズ)31,980円
で構成すると思います。

そもそも、なぜiCloud 2TBを契約したのか

僕は一眼レフカメラを所有しており、無駄にRAWデータ(一番画質がいい)で記録してます。
しかも連写が好きなうえ不要なデータを削除することもなかったので、あっという間にPCのHDDが満タンになり。
外付けHDDに入れても良かったけど、手っ取り早かったiCloudに手を出したのが始まりです。
その後もiCloud・外付けHDD・NASの三者で揺れ動き、外付HDDが選考から漏れた状況というわけです。
漏れた理由はネットワークでアクセスできない点と、RADE1(ミラーリング)が使えないからです。

主な使用方法として

・データのメイン保存先
写真・音楽・書類といったデータを保存する場所として。
・データの共有
保存した写真・書類をPCやタブレットに関係なく、アクセス・編集・閲覧をしたい

スポンサー

結論

まず考えないといけないのがコスト面。
6年使用した場合で考えると、

iCloud 1,300円 × 12ヶ月 = 15,600円/年 × 6年 = 93,600円
NAS 内蔵HDD + ケース = 78,364円
Synology DiskStation DS218(Valueシリーズ)31,980円
Western Digital red 3TB ×2 23,192円 × 2回(3年で買い換えを想定) = 46,384円

となり、iCloudが6年で15,236円分出費が多い計算となる。月々で211円の計算だ。

ただ、内蔵HDDに3年の保証が付くことと、3年以上使える可能性を考えると、NASの方がさらに安くなる可能性だってあるわけだ。

なんなら、差額211円から、iCloudの50GBを契約してもお釣りが来る。

 

コスト面の差は、月々で考えると微々たるものだけど、使い勝手に関してはiCloudがかなり大きい。
それは、Apple社が作ったディバイスで、Apple社が提供しているストレージサービスを使っているから当たり前なのだ。

 

以上のことを考えると、現時点ではNASに切り替えるメリットはあまり無いと判断しました。

 

 

関連記事『Apple好きだけど、iCloudからNASへの移行を本気で悩んでいる。』

以前「Apple好きだけど、iCloudとNASの間で揺れている」という記事を投稿しまして。 それが2020年2月のお話なんですが。 それから今に至るまで、 ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとNASの事が気になってます。 [s[…]

モグッテみる?