100円均一で撮影ボックス(仮)を作成してみた

広告

フリマアプリやブログで紹介する商品の撮影って、皆さんはどうしてますか?
背景やテーブルの汚れが気になった経験はないでしょうか?
今回は、そんなときに活躍する「撮影ボックス(仮)」を作ってみました。

↓皆さんのブログを見ていると「組み立てラックシリーズ」を使っている方が多いですね。
僕は別の方法で作成することに。
撮影ボックスをダイソーの材料で自作してみた!iPhoneでも綺麗にブツ撮りが出来る!

広告

購入したモノ

今回購入したものはこちら!!!
・カラーボード 450×300×5(mm) 4枚
IMG 2391 1200

カラーボードとは、発泡スチロールで作られた工作などにぴったりな板のこと。 軽くて加工しやすいので、工作やディスプレイ、店頭ポップのほか、応援グッズに使われることもあります。

ダイソーのカラーボードは白色と黒色の2色ありました。
今回は黒色を購入したけど、白色がよかったかも(笑)
市販品でも、黒色のボックスってあまり見ませんしね。。。

作成手順

作成方法は至って簡単!
左右と背面にボードを立てて、外側をテープで固定。
後は床用のボードを滑り込ませれば仮設完了です。
IMG 2393 1200
床の長さは好きなところでカットしてくださいね(笑)

組み立て後の感想

思ったよりも簡単に組み立てることができ、満足してます。
が、iPhoneのライトが明るすぎなのか背景が黒色なのがマズイのか、納得がいきませんでした。
(撮影スキルは置いといて)
IMG 2394 1200
IMG 2395 1200
IMG 2396 1200

色はやっぱり白色が良いかもですね。白色の方が全体的に明るくなるので、使い勝手がいいかもです。
後は、角度調節できる台が欲しいですね。

後日談

収納場所の問題もあり、追加で部材を購入しました。
ワイヤーボード用?のものですが、幅が約5mmだったのでいけるかと思いましたが。。。
IMG 2398 1200

ボードとボードの間に隙間が(笑)
しかもスタンドが邪魔して床が浮く(笑)(笑)
IMG 2401 1200
というわけで、コヤツは使えないから、打開策を検討中。

(追記)
↓手っ取り早くて安いけど、もう少し大きいサイズがいいような気がしました。
100均キャンドゥ「LED付き撮影BOX」がバズってる!440円の激安!ミーツでも取り扱い!口コミ!

NO IMAGE
モグッテみる?